コリンズ・テクリス JACICホームページへ戻る
 
サイトマップ
メニュー
公共機関用の
コリンズ・テクリスWeb版
検索システムへのログイン

Q&A

Q. 検索システムで、同じ技術者が複数表示(検索)されるのは何故ですか。
A. 建設企業からの実績データ登録時に、コリンズ・テクリス上で技術者を一意に特定するための「建設実績技術者ID」を発行しています。
 しかしながら、所属企業が変わったときに「建設実績技術者ID」の引き継ぎを実施しなかったり、実績データ登録時に「建設実績技術者ID」を入力せずに実績データを登録したりすること等により、同じ技術者に複数の「建設実績技術者ID」が発行される場合があります。
 検索システムで、技術者の実績を確認される際は、まず、技術者の「氏名」「生年月日」により検索していただき、同姓同名の技術者情報が複数行表示された場合には、所属企業等も加味し、同一人物と判断できるときは、それぞれを合わせて確認してください。
Q. ある工事の技術者の従事期間を確認したところ「竣工日が1日」になっています。実際の従事期間と異なりますが、何故ですか。
A. コリンズ入力システムVer.3.0以前(平成12年10月以前)で登録されたデータも現在の様式で表示しています。そのため、以下の理由から、「技術者の従事期間」が「竣工日が1日」と表示される場合があります。
 平成12年10月までは、工期中に変更登録され、技術者が変更された場合、変更登録をもって、技術者の従事期間を設定していました。
 平成12年10月からは、「技術者の従事期間」の項目を追加しました。
 平成12年10月前の登録について、施工途中で技術者がAさんからBさんに替わったにも関らず、変更登録をしなかった場合、受注登録では監理技術者がAさんだったのに、竣工登録で急にBさんと登録され、いつAさんがBさんに交替したのか分かりません。このため、従事期間を「竣工日の1日」と表示しています。
代表的な事例は、こちら
Q. 登録されたデータは、公共機関側でいつから閲覧できますか?
A. 基本的に、水曜日までに登録されたデータは、翌週月曜日から閲覧できます。情報提供周期は下図の通りです。
ただし、祝日・年末年始等の休業の際や公共機関のシステムメンテナンス等により、この周期が変更となる場合があります。
情報提供周期のイメージは、こちら
Q. 登録されたデータを活用して発注時の業者選定の参考にしたいのですが。
A. 受注した企業が登録した工事・業務、技術者、会社に関する情報を活用するためには、一般財団法人日本建設情報総合センター (JACIC) コリンズ・テクリスセンターにコリンズ・テクリス検索システムの利用を申し込む必要があります。詳しくはコリンズ・テクリスセンター 公共機関担当まで問い合せてください。
Q. 財団法人や公益民間企業からの発注工事・業務は登録対象になりますか?
A. 以下にあるとおり、公共機関並びに公益法人、公益民間企業を登録対象発注機関として扱っていますので、登録対象となります。
  • 国の機関:国土交通省等の中央省庁
  • 独法・事業団等
  • 地方公共団体:都道府県、市区町村、公社等
  • 公益民間企業:電力会社、JR、ガス会社、民鉄、電信電話会社、その他公益民間企業等
  • 公益法人:財団法人、社団法人(営利社団を除く)
  • 海外:海外政府機関、海外公益民間企業
Q. 登録されているデータを検索システム上で確認できないのですが。
A. 以下の可能性が考えられます。
登録企業がデータの削除を行った。
施工中となっている。
上記に当てはまらない場合は、コリンズ・テクリスセンター 公共機関担当まで問い合わせてください。
Q. 案内資料が欲しいのですが
A. 検索システムの申し込みから運用開始までの流れや利用料金、必要機器等について記載している「導入の手引き」をお送りします。
コリンズ・テクリスセンター 公共機関担当まで問い合わせてください。
▲ページトップへ
コリンズ・テクリスに関するプライバシーポリシーコリンズ・テクリス 実績データのJACIC内での取り扱い要領代金未払いへの対応
Copyright (c) 2009 JACIC. All rights reserved.